GameFi

【2023年版】失敗しないGameFi(ゲームファイ)の始め方【3ステップ】

GameFiを始めたい人

ゲームで稼ぐGameFiを始めてみたい。

まず何を準備すればよいの?

失敗しないGameFiの始め方が知りたいな。

nasu

こんなギモンにお答えします。

私は2022年1月からGameFiを始め、1年で50万円以上の収益を上げることができました。

そんな私が、本記事では

●GameFiとは

●GameFiの始め方(3ステップ)

●Gamefiの稼ぎ方

●初心者におすすめのGameFi

について紹介します。

本記事を最後まで読めば、まだGameFiの知識が全くない人でも、安心して始めることができますよ。

ちなみに、GameFiを始めるには、暗号資産の口座開設がマストです。

私は「取引手数料が業界トップクラスに安い!」と理由で、bitbankを使っています。

「暗号資産の取引で損したくない!」という人におすすめです。

取引手数料の安さが業界トップクラス

「他の取引所も見てみたい!」という方はこちらをどうぞ。

【2023年版】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料ランキング【トップ5】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料をランキング形式で紹介します。「手数料で損をしたくない!」という方はぜひご覧ください。...
この記事を書いている人

2022年から暗号資産を稼ぐゲーム「GameFi」を始める。

運動して稼ぐ「STEPN」に早い段階から参入し、50万円以上の収益を得る。

ブログやTwitterでは暗号資産やGameFiの情報を発信中。

GameFiとは

ここでは初心者の方向けにGameFiの概要についてわかりやすく解説します。

(1)そもそもGameFiって何?

ざっくり言うと、「プレイすることで暗号資産がもらえるゲーム」のことです。

Game×Financeを略してGameFiと呼ばれています。

GameFiは他にもこんな呼ばれ方があります。

●ブロックチェーンゲーム(BCG)

●Play to Earn(P2E)

●NFTゲーム

呼ばれ方は違いますが、ほぼ同じ意味だと思っていただいてOKです。

GameFiを始めたい人

ブロックチェーン?NFT?

ブロックチェーンとNFTは、GameFiに関わる大事なキーワードです。

nasu

次で超わかりやすく解説するね!

(2)ブロックチェーンとは「取引記録をみんなで管理するテクノロジー」

暗号資産の売買などの取引は、誰でも見られるデジタル台帳に記録されます。

この台帳をみんなで管理するしくみをブロックチェーンと言います。

台帳はみんなに見張られているので、悪い人が改ざんしようとしても、すぐにバレてしまいます。

GameFiにも、このブロックチェーンの仕組みが採用されています。

ゲーム内で獲得したアイテムや通貨が台帳に刻まれることで、みんなの監視の中で守られるというわけなのです。

(3)NFTとは「代替不可能なデジタルデータ」

NFTの正式名称は「Non-Fungible-Token」。

わかりやすく言うと、世界にたった1つしかない代替不可能なデジタルデータです。

NFTには資産価値があり、暗号資産で売買することができます。

実際のNFTがこちらです。

ただのデジタルデータとは違い、NFTには名前だけでなく、発行元や取引履歴が確認できます。

NFTの取引記録もブロックチェーンの技術によって守られています。

この特長により、NFTの価値が担保されているのです。

失敗しないGameFiの始め方(3ステップ)

ここでは初心者の人向けに、失敗しないGameFiの始め方について紹介します。

(1)プレイするゲームを選ぶ

まずはプレイするGameFiを選びましょう。

初心者の方は以下3つの条件を満たしているGameFiがおすすめです。

①ゲームが難しすぎないか

②スキマ時間でも楽しめるか

③運営チームは信頼できるか

③については、各GameFiが運営しているのディスコードで確認することができます。

GameFiを始めたい人

ディスコードって何?

ディスコードとはカンタンにいうと、ゲーム専用のチャットアプリです。

そこではプレイヤーは運営チームと交流することができます。

「プレイヤーからの質問にマジメに答えているか」「ゲームを盛り上げるための工夫がされているか」などを確認することができます。

以下の記事では、無料でできるGameFiを紹介しています。

「いきなり課金するのは不安だから、無料で試してみたい」という方は、ぜひご覧ください。

【2023年3月版】無料で遊べるおすすめGameFi(ゲームファイ)17選【初心者OK】無料で遊べるGameFi(NFTゲーム)のついて現役のGameFiプレイヤーがわかりやすく解説します。...

(2)暗号資産取引所の口座開設をする

暗号資産取引所の口座開設をする理由は2つです。

●初期費用(キャラクター、武器・防具など)を準備するため

●GameFiで稼いだ暗号資産を日本円に換えるため

GameFiの中には無料で始められるものもありますが、稼いだ暗号資産を日本円に換金するために、口座開設はマストです。

口座開設には審査があり、審査が長いと2~3日かかる場合があるので、早めに準備しましょう。

ちなみに、私が愛用している暗号資産取引所はbitbankです。

bitbankは暗号資産を売買する時の取引手数料が、業界トップクラスで安いです。

取引手数料で損をしたくない人はbitbankを利用しましょう。

業界トップクラスの取引手数料の安さ

「他の取引所も見てみたい!」という方はこちらをどうぞ。

【2023年版】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料ランキング【トップ5】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料をランキング形式で紹介します。「手数料で損をしたくない!」という方はぜひご覧ください。...

(3)ウォレットを準備する

ウォレットとは、暗号資産やNFTを管理するお財布のことです。

GameFiによっては専用ウォレットがありますが、多くのGameFiで採用されているのがMetamaskです。

さらにMetamaskは暗号資産投資やNFT投資など、GameFi以外の分野でも使える汎用性の高いウォレットです。

今後、暗号資産を稼ぐ手段を増やすためにも、とりあえず1つは用意しておきましょう。

【超初心者向け】Metamask(メタマスク)の登録方法【画像で解説】Metamask(メタマスク)の登録方法について画像つきでわかりやすく解説します。NFT超初心者の人はぜひ参考にしてください。...

GameFiの稼ぎ方

GameFiで稼ぐ方法は大きく2つあります。

(1)トークンで稼ぐ

トークンとはゲーム内通貨のこと。

ドラクエでいう「ゴールド」がこれにあたります。

当然ですが、ドラクエで手に入れたゴールドを日本円に替えることはできません。

が、GameFiの世界ならそれが可能なのです。

GameFiで手に入れたトークンは、暗号資産取引所を通じて日本円と交換することができます。

トークンはGameFiで指定されたミッションのクリアなどで獲得できます。

(2)NFTを売買する

GameFiにはトークン以外に、NFTで作られた武器やアイテムなどもゲットできます。

手に入れたNFTを売って、暗号資産化し、最終的に日本円にすることも可能です。

初心者におすすめのGameFi

私が実際にプレイしているGameFiの中で、初心者におすすめのタイトルを紹介します。

(1)GGGGG:非ゲーマーでも楽しめるアクションゲーム

GGGGGはボンバーマンみたいな対戦型アクションゲームです。

操作は移動・攻撃・必殺技のたったの3つだけ。

無料&スマホで気軽にプレイできるので、初めてGameFiをプレイする人におすすめです。

運営会社株式会社ドリコム
ジャンル対戦型シューティングアクションゲーム
開発国日本
言語日本語、英語、中国語、韓国語
対応ブラウザスマホアプリ対応(2023年3月31日リリース)
使用する暗号資産銘柄ETH(イーサリアム)
公式サイトhttps://ggggg.game/
公式Twitterhttps://twitter.com/GGGGG_ja
公式ディスコードhttps://discord.gg/bWbSWSyCQD
【無料プレイOK】GGGGGの始め方【画像で解説】 わからない人 GGGGGってどんなゲームなの? GGGGGの始め方をていねいに教えてほしい。 nasu こんなお悩みに答...

(2)元素騎士オンライン:現実世界と融合した次世代のゲーム

元素騎士オンラインでは、これまでのネットゲームと違い、他のプレイヤーと一緒に、冒険を楽しむだけではありません。

ゲームワールドには実在する企業の広告や、デバイスなどの販売店があり、現実世界と同じく経済圏が存在します。

また、プレイヤーは「ゲームの中でアイテムをつくり、販売する」「ランド(土地)にオリジナルのダンジョンをつくり、収益を得る」など、現実世界でも価値のあるトークン(ゲーム内通貨)が獲得できます。

運営会社Metap Inc
ジャンルMMORPG
開発国日本、台湾など
言語日本語、英語、中国語、韓国語
対応ブラウザPC:https://genso.game/ja/#modal-gamestart
iOS:https://apps.apple.com/app/id1635951038
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=ai.metap.gensokishi
使用する暗号資産銘柄WETH(Polygon)
USDT(Polygon)
MATIC(Polygon)
トークン(ゲーム内通貨)ROND
miniROND
MV
公式サイトhttps://genso.game/ja/
公式Twitterhttps://twitter.com/genso_meta
公式ディスコードhttps://discord.gg/gensometa
nasu

高い操作性は求められないから、非ゲーマーの人でも楽しめますよ!

以下の記事では、実際に私が元素騎士オンラインを始めた時の画像を使って解説しています。

【2023年版】元素騎士オンラインの始め方【無料でOK】 わからない人 元素騎士オンラインってどんなゲームなの? 元素騎士オンラインの始め方や稼ぎ方が知りたいな。 nasu こん...

(3)IsekaiBattle:プレイヤー同士がNFTを奪い合うゲーム

IsekaiBattleは、現実世界でも価値のあるNFTを賭けてプレイヤー同士がバトルするシミュレーションゲームです。

まだバトルコンテンツはリリースされておらず、現在はバトルに必要な武器・防具をゲットする「探索」のみプレイすることができます。

スリルな体験をしてみたい人におすすめです。

運営会社運営・開発:株式会社THE BATTLE
トークン発行・管理:BOBG.PTE.LTD
企画・広報:一般社団法人オタクコイン協会
ゲームのジャンルシミュレーションゲーム
ネットワークイーサリアムチェーン
開発国日本
言語英語、日本語
対応ブラウザPC版 Google Chromeブラウザ
トークン(ゲーム内通貨)SINN
公式サイトhttps://isekai-battle.xyz/
ホワイトペーパー(企画書)https://isekai-battle.gitbook.io/isekai-battle/whitepaper-ja
公式ディスコードhttps://t.co/CZ6ERzdNo2
【現役プレイヤーが解説】Isekai Battle(イセカイバトル)の始め方NFT超初心者の方に向けて「Isekai Battleの始め方」について解説します。...

今GameFiを始めるメリット

結論から言うと、「早期参入者になれる」です。

私は2021年からGameFi業界をウォッチしてきましたが、稼いでいる人の多くは、GameFiがリリースした瞬間、もしくはリリース前から情報収集などをして、早期に行動していました。(私もSTEPNというGameFiのテストバージョンのリリース直後に参入したことで、稼ぐことができました。)

また、リリース直後は注目度も低いため、GameFi を始めるのに必要なNFTも安く買えるケースが多いです。

2023年は、ドラクエやファイナルファンタジーを擁するスクエニが、本格的にGameFiに参入することを表明しています。

このほか、バンダイナムコや多くのソシャゲを輩出したドリコムなど、日本企業が続々とGameFiへの参入を決めています。

とはいえ、まだGameFiをプレイしている人は人口の1%にも満たないと言われています。

このGameFi黎明期にあなたもぜひ一歩前に踏み出してみませんか。

取引手数料の安さが業界トップクラス

【2023年版】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料ランキング【トップ5】国内暗号資産(仮想通貨)取引所の手数料をランキング形式で紹介します。「手数料で損をしたくない!」という方はぜひご覧ください。...